リストのビジネスは注意点を押さえれば成功する

儲かる企業はリストでビジネスをする

  • TOP >> 

リストとは、名前、電話番号、住所といったように、個人をユニークで特定することが可能である一覧情報のことを言います。 例えば、卒業アルバムや同窓会名簿、社員名簿、資格者名簿といったものが一般的にリストとしてはよく知られています。 そして過去から現在にあっても、リストを使ったビジネスが存在し、不動産業、金融・保険業、塾や予備校、ゴルフ会員権取引業、健康器具・健康食品販売、各種教材販売等のビジネスで使われることが多いです。 仕事として、上記の商品やサービスを勧誘するテレアポ業があるぐらいで、そういったテレアポではリストが金を生み出す木として重宝された存在でもあります。

テレアポでは、リストを仕入れて一軒一軒電話をかけて、商品やサービスを案内し、興味を持たれたお客さんに販売やサービスを提供したりするビジネスです。 当然、経費としてはリスト代と電話代だけで済み、しかも契約が成立したら、即座に儲かりやすいということで発展したビジネスです。 そのため、沢山のリストを集めて販売するリスト業者もいるぐらいで、リスト自体が売買の対象とされることも多いです。 ただ最近では個人情報保護や消費者立法の強化の流れもあり、リスト自体を使ったビジネスが以前ほど成立しないという逆風があります。

特に電話一本で契約の成立が可能となるテレアポ業でも、近年多発した見ず知らずの人から電話がかかってくるオレオレ詐欺被害もあり、電話での勧誘自体も消費者が警戒することも多くなっています。 それにプラスして、テレアポ業でも「何故、その情報を知っているのですか?」と情報の出所を気にするという人も増えていたりもします。 そのため、一方的な電話での勧誘よりも、リストを使ってパンフレットやチラシ等を住所に配送して、興味を持たれた方のアクセスを待つと言うスタンスの方がビジネスもしやすい傾向にあります。 確かに優れた商品やサービスであれば、それを注文や依頼したいと考えるからです。 仮にビジネスの利用では、一軒家を持っている家庭のリストを活用して、現在流行している太陽光発電のパンフレットを配り、その魅力的なサービスをアピールすると良かったりします。

また一番リストを使ったビジネスで多いのは、子供を対象とした学習塾や教材の販売です。 子供の学力の向上を考える親が多いことからも、そういった子供向けのサービスは財布の紐も緩みがちになるのは納得の行く事です。 当然、入学者名簿等を元に様々とアピールする手段は、ピンポイントを得た方法としても活用できます。 地域に根ざして公開的に学習塾を運営している場合なら、地域の評判も後押ししてリストを活用してのアピールの宣伝力も強い筈です。

このようにリストを活用することで大きな利益を生み出すことができるので、他にも様々な方法で挑戦している企業も増えてきています。 また、リストを使う上で一番気をつけたいのは、どれだけ効率よくできるかということです。 何千、何万というリストを抱えていても消費するのに時間や人件費を大量にかけていては何の意味もありません。 そんな中、最近注目が集まっているのがFAXDMです。
FAXDMで新しい集客を目指せば、時間をかけずに人件費を削減できるので、両方クリアできます。 一番大切なことは売上を出すことではなく“利益”を出すということを忘れてはいけません。